Delivery Health

デリヘル嬢への希望は口頭で伝えるべし

デリヘル嬢はプロですが、どの子も同じように経験豊かというわけではありません。デリヘル嬢になりたてで、業界のことやお客さんとのやり取りのこともよくわからない状態の子もデリヘルにはたくさんいます。デリヘル嬢としてデビューする前に研修をするといっても、お店によっては本当にさらっと行うことを説明するだけ、といった場合もあるのです。
そんな子に空気を読んでサービスしろというのは、初めての利用の場合は特に難しいことなので、いつでも恋人同士のような自然なやり取りがあってしかるべしと考えるのは止めましょう。慣れていなさそうだなと思ったら、先にやってほしいことを口頭で伝えてしまって、その動きをサポートしつつ行為を行っていくというのが親切なやり方です。ただ奉仕される側に甘んじるのではなく、相手を導いていきながら、その空気感も丸ごとデリヘルのスパイスにして楽しむのも、きっと悪くはありません。
新人ベテランに限らず、デリヘル嬢のサービスがよくなかったという問題は、きちんと口に出して要望を伝えることで、大抵は解決するものです。口をつぐんでいようといまいと、デリヘルを呼んだという事実に変わりはないのですから、恥ずかしがらず開き直ってどんどんやってほしいことを伝えていきましょう。

NEW ARTICLE

TOP